自分の流産の経験を、悪い方向ばかりに考えたくありません

流産はとても悲しい経験です。
流産は健康の方がならないという事ではなく、自分や子どもの状態で変わります。
母体がいくら健康であっても、子どもが育たない状況であればやむを得ません。
でもそれを伝えても、納得のいかない時は多いのです。
どうしても自分を責めてしまうという事が起こってしまうのです。
一回流産を経験すると、もう一度妊娠してもまた流産をしてしまうのではないだろうか、そういう不安にあおられてしまいます。
前回とは違う、今回も同じ事だろうと思いがちなのです。
母体側に原因がない限り、妊娠はその度の状態で違うので、同じになるとは思いません。
私は最初の妊娠で流産しました。
けれど次も同じ結果になるとは思わず、次の子が授かったら感情を変えて、妊娠出産に備えていこうと思っています。
定期検診も含めて、状況は把握していきたいです。

ダイヤ 買取 大阪

サイパン ダイビング

ウイスキー 買取

釣具 買取

引越し 安い 京都

関連MENU

最新情報

流産の情報に惑わされずに、自分の医師の診断に任せて下さい

この頃は何でも情報時代です。
何かあればすぐパソコンや携帯の電源を立ち上げて、簡単に調べる事が

私が流産した事で、妹が自分もそうなる事になるのではないかと心配しています

私は数年前に流産してしまいました。
その時は周りが一所懸命に慰めてくれたのですが、そんなにすぐ

流産の経験はありませんが、きっかけとなる事があったので、手術をしました

初めて妊娠をして、第一子を無事出産しました。
ですが、産後の肥立ちが悪いと言われ、こればかりは

私が流産したときには、子どもの姿が確認出来ていました

私は子どもをエコーで見たときは、すごく感動しました。
この子がいずれ、私の目の前に来てくれる・

Copyright©流産 All Rights Reserved.

流産